こんにちは。

そろそろコロナでの自粛自炊生活も3か月を終わろうとしている、それに合わせて原チャリアクシス90 12インチ化とその足回りのセッティング、キャブ、駆動系のセッティングも、セッティングが出ないまま早3か月。

ほとんどこの3か月、毎日毎日セッティングして来たが…

IMG_4688


アクシス90 改で峠の上りでのパワー不足と耐久性の問題では、駆動系を出来るだけ低速立ち上がり重視でセッティングして、後は軽量化するしかない感じがしてます、実際には現在はまだ工具を沢山積んで3キロほど重いです。

軽量化は車体には限界が有り、通勤と峠レベルでは現在の総重量、想定約78キロで、ここから頑張ってもマイナス1キロ、レーサーでもマイナス5キロが多分限界、あまり意味が無いのですが実は自分が一番重かったりします。

FullSizeRender


自分が身長170ガッチリ型で体重80キロ
これを68キロに落とせたら12キロの軽量化になる、この差はパワーの無い原チャリには大きく差が出るはずなのである。

軽くなってコーナーと立ち上がりでスピードが乗ってくれたらエンジン回す時間も減り耐久性も出ると思うが、駆動系の熱ダレを避けるのは多分無理で、仕方ないので少しだけカバーに穴を開けて様子見して見る予定に。

センタースプリングがノーマルで、直ぐ熱ダレ始める、これは強化スプリングでも同じ、センタースプリングは柔らかくなればなるほど駆動系の抵抗が減り速くなりますが、滑る等の問題や、熱ダレで高回転ハイギアになる等の問題も出てきます、本来なら自分のエンジンパワーで滑らないギリギリがいいと思いますが熱ダレに合わせて多少強くしたいところです、パワーが足りないからパワーロスになる負担は避けたい、難しい所ですね。

センタースプリングをノーマルでは熱ダレで弱まるから、熱ダレして丁度良くなるぐらいの強化スプリングを選ばないといけませんが、考え方としてノーマルでも熱ダレで丁度良いセッティングを出せたら良いですよね、って事はかなり低速に最初から降っておく事になりますね。

メーカーは沢山の強化スプリングを販売してますが、そんなメーカーの適当な強化スプリングよりも熱ダレに強い強化スプリングにして欲しい所です、これは求めている分野が出だしの50メートルだけ見たな人達が多いからかもしれないですが、自分に言わせたら浅はかですよ。

熱ダレはエンジンパワーやエンジン本体にも有り自分所の峠の上りを全開では上りきれないです、軽量化に成功しても解決出来ない場合には多分今年の夏で焼き付く等の問題になると思い、もしもパワー不足でなく発熱問題だけなら来年はエンジンの熱対策として、銅ヘッドフィンやヘッドの水冷化等考えたいです、もちろん水冷ならジェントルにさりげなく分からないように取り付けたいです、しかし重くなるですね。

少し話変わって、

IMG_4744
今日は箱根夜走り国道一号
IMG_4747
スタンドでは毎回混合オイルで高級なオイルを注入、合わせてガソリン添加剤も注入、だから自分の燃料はハイオクも含めて約1リットル300円を超える、乗り方やコースにもよるが燃費は多分、リッター12キロぐらい、だからまるで掛かる燃料代がフェラーリとおんなじ?って事だ、乗った事無いけど…笑
IMG_4748
メーターをアプリで確認して見て、大体自分の原チャのkosoメーターと変わらない確認が取れた。

自分の広い庭で測った事に…汗

自分の広い広い直線2キロの家の外の自分の庭の中約500メートルぐらい、中速立ち上がり重視峠上り使用としてはやはり伸びていかない。
IMG_4750

1キロ直線で頑張ってもこれ↓ぐらい、普通の125って所か?100までの加速ならグイグイ上りでもくるが、ヘッド温度が高過ぎて全開時間は限られる。
IMG_4749
実際10000回転を回せるこのエンジンではセッティング次第ではまだまだ上は狙える、しかし低中速狙いだと中々難しくなる。

自分はヘボなメタボのオヤジだが…

耐久性、更に軽量化と更なるパワーを求めないと、もし腕が有る人がこれに乗っても峠でリッターssには付いて行けないと思う。


好きで小僧の頃からずっと峠を走るって理屈じゃ無いんだけど…


自慢のドカティーを直さずに、敢えて小排気量で挑むのも、多分

小排気量車を追いかけて転倒した何らかの心理が、やり返したいのか分からないけど、昔やってた事に今又火をつけてしまった気がするんだよね。



さようなり。